FC2ブログ
ブログパーツ
エロ同人・エロ漫画のレビューブログ!辛口レビューもありありよ~ん!
管理者ページ 
今週のエローン大君
DLチャンネルで引用アイテムを使う関係で記事を書き書き

【エローン大君のレビュー・採点基準はこちら】

エローン大君は現在DLチャンネルメインで活動しています。オススメまとめはこちら。
高いゲーム性が魅力!オススメエロACT&エロSTG (1)
高いゲーム性が魅力!オススメエロACT&エロSTG (2)
手軽に抜ける!戦う女の子が敗北してアレコレされちゃうCG集
ヒロイン敗北! ガッツリ読みたい同人誌!

Powered By 画RSS

私がこれまでに見たエロ漫画によると「おっぱいの小ささ×乳輪のデカさ=感度力」らしいですね。

明けましておめでとうございます。エローン大君です。
去年の振り返りをすると「Ci-en始めた」「お手伝いさせていただいていた感想寄稿がついに終わった」
とか、なんかそのくらいしか変化が無かった気がします。
むしろ、病気の方が深刻で、主治医が「神に……!神に頼るしか……!」と言っている状況だったりします。ついにオカルトに手を出す時が来たか。

Ci-enに関しては何だかんだで好き勝手なことを書けるので、リラックスできる場だなぁと思う反面、ちょっとお金頂いているのでなかなか更新できなくて申し訳なかったり。
更新のために無理やりゲームをするだとか、そういうのは何か違うと思うし、ネタが思いつき次第ゆっくり書いていこうと思います。
(実は語りたいネタはあるんだけども、毎回オチが思い浮かばなくて悩むのだ。アクション対魔忍は多分書くと思います。参考資料購入済み。)

感想寄稿に関しては、何だかんだで自分が最後まで残ったわけなんですけども、多分111さんと歯車が合い始めたのが最後の半年ぐらいなだった気がしますな……。
最初の頃は私のハンドルネームの「大君」が如く暴れまわったんですが、徐々にゲーム考察とかそっちの方に走り出しちゃって最後にやっとそれらしい感想を書けるようになったと思います。
最後の半年くらいは『DLチャンネルで上手いまとめを書いている人を見る』だとかして、かなり意識して書いていた記憶が。
ただ、「サークルさんが何を作りたかったか」だとか、そこ辺りを考えたり調べたりするのは、ゲームを語る上でのスタンスとして外すことが出来ませんでしたね。
ソシャゲの話をする時もマネタイズとかうんぬん話する辺り、もう癖になっちゃってるのもしれません。

今年の目標としては、「体の調子をきちんと整えて出来れば就職する」(笑)
いや、もうマジでブランク空いてるし色々とヤバイ年齢なので、神の手を借りてでも何とかしないといけないのだガハハ!
ちなみに「神」ってのは実際にいらっしゃる先生の頭文字なんですけど、著書を読むと「椅子に座って、体のバリアを外し宇宙からのトリノを受け入れることが大事です」とか書いてるので、マジで大丈夫なのかこの人と思っています。
ただ、その病院へ向かうだけでも1500円くらいかかるので、先立つものはお金。でも就職してないからお金ない、ってサイクルなんだよなぁ(笑)

というわけで、当面はここやCi-en・DLチャンネルで、体調を見つつまず通院できるお金が出来るように足元を固めていこうと思っています。
DLチャンネルも1年前と違って、明らかにユーザ数が増えている(いいねの数とか某トークとか)という実感がありますし、
軸としてはDLチャンネルが中心になるんじゃないかなぁと考えていたりも。
「色々な情報が集う」という意味でも応援していきたいと考えてます。ユーザ主導の企画とかあって面白いんですよね。

ブログ版のエローン大君に関しては、SEOを良くしたらエローンさん(※)に見つかってラップバトルを申し込まれかねないので細々と。
元々ゲームよりもCG・漫画関係のレビューが多いサイトですし、実際問題レビューをまだ書いてない(それどころか読んでない)エロ漫画もある状況です。
積んでしまっているエロ同人ゲームをちょくちょく崩しつつ、CG集や漫画メインで落ち着くまではやっていきたいと思っているところです。
ゲームのレビュワーとしては一旦退くとしても、111さんのブログとか、さたけるさんのブログとか見ながら、「おっ、これよさそう」と思ったものは買っていく所存である。

あと、実は111さんの「エロトラップダンジョンクリエイター」で作りたいものがあったり、小説を書いてみたくなったり。
これまで自分にほとんど無かった「作ってみたいもの」が出来たので、余裕さえできればそっちにも手を出してみたいと思います。
なんか色々とグダグダだけど、自分の明日の天気すら分からない人間ですので致し方ない。

そんなこんなで一旦エロ同人ゲームの前線からは外れちゃいますが、面白そうなのはチェックして隙あらば遊びたいと思います。
ゲーム感想の人というよりは、エロ同人全般の人として活動するということで、今年もどうぞよろしくお願いします。


※色々なところで露出しているラッパーさん 私のアンテナが狭かったが故にハンドルネームがセンシティブなやつになってしまった
スポンサーサイト
[PR]

ミリア戦記DX

【本作の取り扱いはDLsiteのみです】

ミリア戦記DX

サークル:D-Gate


D-Gateさんの「ミリア戦記DX」の簡易感想です。
綺麗なドット絵&レトロなアーケードっぽい難易度がウリの、ガチ横スクロールアクションゲーム!
キャラの可愛さはもちろんのこと、パターンを組んだり様々なオブジェクトを壊す楽しさがたまらない一作だ。

操作できるキャラは全4名。
近距離も遠距離もこなすワルキューレ、敵を掴んでは投げピンチになったらグルグル回って緊急回避なスピード格闘ケモ耳娘。
そしてメ〇ルスラッグ的なエージェントに、様々な男のロマン的な装備を積んだ重装備アンドロイドと、キャラの性能が全然違うので一作でたくさん楽しめるのだ!

本番Hシーンなどはなく、オール丸呑みシチュなのも特徴的。
丸呑みで有名な作者さんが丸呑みフェチに送る本作。是非チェックしてほしい一作だ。




攻空少女隊

【DLsiteでの購入はこちらから】

攻空少女隊

サークル:PURPLE HEART


PURPLE HEARTさんの「攻空少女隊」の簡易感想です。
あらゆるところから襲い掛かる敵機を、的確に狙って倒す360度全方位STGだ!!3Dグラフィックで描かれる戦いの様は美しい。
本作は、通常弾だけでなくホーミングレーザーなど、様々な攻撃手段で戦えるゲーム。
高火力の単発弾・低威力のWAY弾など武器を選んだり、装甲(本作は体力制)で自機の移動速度を調整したり、カスタマイズができるのが特徴だ。
ただし、自機かつ主人公である「アリス」の当たり判定は大きめで、敵の弾幕も非常に激しく被弾を避けるのは難しい
そこで使えるのが本作独自のシステム「ロックアンカー」だ!
ロックアンカーは敵に当てると、自機の方向を固定して高火力の集中攻撃を浴びせることが出来る。
通常はこの使い方がメインだが、実はアンカーは「弾を打ち消す」効果も持っているのだ。
「撃たれる前に倒す」のが基本だが、無理っぽい時は敵がいないところでもアンカーを撃って、弾幕を薄くするのも有効だぞ!

Hシーンは全9シーン。基本CGが少なくノベルメインだが、「女兵士に対するHで百合百合な尋問」が楽しめちゃうのでオススメだ。




ステージは全4ステージとちょっと物足りないが、巨大空中戦艦戦やライバル戦などポイントはしっかり押さえている。
Hシーン等の解禁には周回が必要だが、色々なカスタマイズを試しながらスコアアタック(※スコアで解禁)をしていくうちに、新しい戦法などを見つけられるので飽きずに楽しめることだろう。
正直な話、滅茶苦茶面白いのでステージを増やした続編が欲しかったところだが、現状はその予定が無さそうなのが少し寂しいところである……。
(あとストーリー的にもこれで完結しちゃってるからね……)
スクライダー飛鳥

【DLsiteでの購入はこちらから】

スクライダー飛鳥

サークル:PINKGOLD


PINKGOLDさんの「スクライダー飛鳥」の簡易感想です。
本作は名前を見て元ネタがパッと思い浮かぶ人ほど楽しめる横スクロールアクション
天井に捕まったり壁に張り付いたり、多彩なアクションを使って様々な巨悪を切り伏せろ!
リスペクト元には無い面白いところは、「斬撃で弾を斬り捨てる」ことができるところでしょう。
弾幕を張ってくる装置をスライディング&斬撃で近づきながら壊すのはなかなかに気持ちいいぞ!
また、敵自体にもパロディがあったりする(凄く分かりやすい)ので、思わずニヤリとしてしまうこと請け合いです。
敵に触れてしまえば即Hアニメ。ゲームオーバー時にもHアニメが用意されているなど、シコリティもかなり高いのがポイントですね。





元ネタのように複雑なステージデザインではないものの、元ネタを知っていれば「あのシーンを再現しようとしたんだな」と別視点でも楽しめます。
もちろん、「元ネタなんて知らないよ!」という人でも爽快感抜群なアクションが楽しめるのでオススメだ!

元ネタ知らないと初見殺しになるところが1カ所だけあるので書いておきますと、ラストステージのムカデっぽい敵(1面ボス)は倒すことが出来ません。
あそこは「敵にジャンプして乗って進む」のが正解。次の場面まで運んでもらうシーンなのでなかなか気づきづらいのだ……。

NOCE

【DLsiteでの購入はこちらから】

NOCE

サークル:エヌエス


エヌエスさんの「NOCE」の簡易感想です。
スト〇イダー飛〇をリスペクしながらも、ジャンプからの下突きや多彩な遠距離攻撃を切り替えて戦うなど、様々な部分で進化させた横スクロールアクション。
全体的に難易度が高い印象はあるものの、斬撃・体力ともに強化できるシステムがあるので、地道にプレイすればクリアできるはず。
登場する敵もオリジナリティに溢れていて、時には自分と同じ境遇らしいキャラと戦うライバル戦も!?
敵に捕まれば、AfterEffectを使った滑らかなHアニメが楽しめちゃう!
ステージを進める毎に様々な事実が明らかになっていく、SF的なストーリーも含めて楽しめる一作です。




難易度が高いのは、操作に結構クセがあるからだったり。
(例えば壁掴まりが存在しないので三角跳びを使って移動する)
操作の習熟さえすればスタイリッシュなプレイができますので、地道に主人公を強化しつつ遊んでみると面白いですよ。