FC2ブログ
ブログパーツ
エロ同人・エロ漫画のレビューブログ!辛口レビューもありありよ~ん!
管理者ページ 
今週のエローン大君
諸事情のため、更新頻度スローアンドスローでお送りします

【エローン大君のレビュー・採点基準はこちら】

エローン大君挑戦中オンラインゲーム
ロードオブワルキューレ(エロありなのに本格的なソシャゲー。スマホでも出来るらしいのでジワジワレベルあげしていきたい。)

Powered By 画RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファイティング オブ エクスタシー2009

ファイティング オブ エクスタシー2009

サークル:デュランダル

お気に入り度:★★★★★
オススメ度 :★★★★☆



 デュランダルさんの「ファイティング オブ エクスタシー2009」を紹介します。
 こちらは、以前レビューした「クリムゾンハード 総集編」でおなじみ、クリムゾンさん絵の簡易格闘アクションゲーム。
 地下格闘スタジアムで行われる、生物兵器と2人のヒロインのバトル、そして激しい陵辱が見所なゲームとなっております。
 マウスでプレイできる簡単な格闘ゲームで、かつクリムゾン作品おなじみのあの展開を簡単に再現できる!、という意味でも面白い作品です。

 クリムゾンさんが絡んでいるサークルと言えば、「ダンシングクィーン」さん(作品レビュー済み)もあり、個人的に正直何が何だか分からない状態だったりします。
 とりあえず、ディランダル名義に関してはクリムゾンさんの公式サイトに作品紹介がありますので、公式にクリムゾンさんが作っているもののようです。

ファイティング オブ エクスタシー2009


 ゲーム面としては、一見普通の格闘ゲームっぽい見た目ですが、中身としては「キャラの上に出てくるマーカーを、マウスカーソルでクリックして攻撃 or 防御」という、飛○の拳の心眼システムっぽいものとなっております。
 防御マーカーのクリックに失敗などをすると、主人公である生物兵器はダメージを受けてしまい、HPが0になればゲームオーバー。
 ただ、攻撃マーカー・防御マーカーともに、クリックの猶予時間は意外と長いため、大体の人なら簡単にクリアできるのでは無いでしょうか。
 逆に、相手(女キャラ)のHPを0にする、もしくは7回連続で攻撃を決めると「必殺技」を選択できます。
 こちらでは、クリムゾン作品でおなじみ、「胸揉み」「愛撫」など格闘技の戦いをしているとは思えないようなセクハラ攻撃が多数存在。
 性的快感を与えて戦闘不能な状態まで追い詰め、最終的には「メス」に陥落させるというのが、ゲームの主目的となります。
 全体的なシステム的に、アクション・エロシーンともに自由度は低いという難点はありますが、クリムゾン作品に何を求めるかと言えば「いつもの」以外の何物でもないので、「クリムゾン作品の展開を再現する」という意味では非常に適した方式だと思います。
 あと、地味に「攻撃7コンボでも必殺技発動」というのが、ファイティング オブ エクスタシー2009の面白さを際立たせてるところだと思います。
 「エロシーンを早く見るために到達したいゲーム目標」になる他、5コンボあたりから「キラァン!」と効果音がなり始めるため、ゲームとしての爽快感も生み出していると感じました。


ファイティング オブ エクスタシー2009


 エロ面としては、挿入・胸揉み・股間愛撫など、クリムゾン作品でおなじみな快楽責めと言った感じの印象。
 登場ヒロインは、SMの女王様みたいなコスチュームをした格闘女王「ブラックローズ」と、関西弁のくノ一「紫苑」
 どちらも露出度が高いコスチュームを着ており、一目見た瞬間にエロシーンへの期待を高まらせます。
 それぞれにエロアニメーションやCGが用意されている上、ブラックローズは「拘束」、紫苑は「3P」と特殊なプレイも用意されておりますので、そこあたりも要注目であります。
 (ちなみにスタンド状態でHPを何回か0にすると、特殊なプレイが選択できるようになります)
 挿入シーンのアニメーション自体は股間があまりよく見えず興奮しがたいのですが、挿入時・射精時に断面図を使ったアニメーションが表示されるので、オナニーに使う際はうまく脳内補完をしてカバーをしていきましょう。
 体をムチに変化させ叩く、バックブリーカーで痛めつけるなど一応ライトなリョナ要素はありますが、快楽責めがメインなクリムゾン作品でありますので、あくまでオマケ程度なものなので要注意であります。

ファイティング オブ エクスタシー2009

 ちなみに、ゲームをプレイしなくとも楽しめる「オートモード」や、手軽に見られるHTML版も用意されているので、ユーザビリティーは満点。
 CGだけでなく、テキストの方でのヒロインの心理描写なども上手く描かれているため、ゲームをした後にHTML版を見てみるのも楽しいと思いますよ。
 ただし、その分の難点として、1800円(税別)と価格がかなり高いという点があげられます。
 元々クリムゾン作品は価格が高めなのですが、コストパフォーマンス的には微妙な感じになってしまっております。

 というわけで、「ファイティング オブ エクスタシー2009」のレビューでございました。
 簡単操作のアクション性・エロ面等のユーザビリティの高さという点では非常に素晴らしいため、お気に入り度としては★5、しかしコストパフォーマンス面の問題オススメ度は★4といたします。
 価格面に問題こそあるものの、「クリムゾン作品が大好き!」という方はまず満足出来る作品だと思いますので、興味のある方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。


【購入はこちらから】


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://erontycoon.blog.fc2.com/tb.php/184-e7510ba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。