FC2ブログ
ブログパーツ
エロ同人・エロ漫画のレビューブログ!辛口レビューもありありよ~ん!
管理者ページ 
今週のエローン大君
諸事情のため、更新頻度スローアンドスローでお送りします

【エローン大君のレビュー・採点基準はこちら】

エローン大君挑戦中オンラインゲーム
ロードオブワルキューレ(エロありなのに本格的なソシャゲー。スマホでも出来るらしいのでジワジワレベルあげしていきたい。)

Powered By 画RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼女がおさげをほどいたら

彼女がおさげをほどいたら

サークル:WLHO

お気に入り度:★★★★★
オススメ度 :★★★★☆



 WLHOさんの「彼女がおさげをほどいたら」を紹介します。
 本作は、黒髪ロングの美少女がヒロインオリジナル同人CG集です。
 サークル名が妙に格好良いですが、実はは「World Long Hair Organization」(世界ロングヘア機構)の略。
 その名の通り、ロングヘア好きによりロングヘア好きへ送る、ロングヘアであんなことやこんなことしたい人向けの作品を発信されているサークルさんです。
 自分を「モブ」と称するほどクラスで目立たない男子と、一見地味な淡々と日常を送る黒髪をおさげにした女子。
 おさげ女子の大胆な行動から始まる秘密の逢瀬や、甘酸っぱさ多めの恋愛模様が楽しめる、一作となっております。


彼女がおさげをほどいたら


 作品概要としては、ノベル付きのCG集です。
 基本CG数・10枚、ノベルありCG40枚(他にもCGのみ・描き文字付加CGあり)と、700円台としてなかなかのボリュームを誇る作品でありますが、注目すべきは「ノベル」部分。
 普通、こういうCG集に付くノベルは状況説明のみで、まさに「SS」と言った感じなのですが、本作は約5800文字とノベル部分が結構大作。
 文字数が多い関係でノベルの文字が小さいという難点こそあるものの、読めば作品の世界に引き込まれてしまうような完成度の高いノベルになっております。

 ストーリーとしては、クラスの中でさえない「僕」と一見地味だけど美しい「彼女」の、奇妙な逢瀬と結ばれていく心を、「僕」視点で描いたものとなっています。

>手が届かない人だ、と思いながらも美しい黒髪のおさげに魅了されていた「僕」。
>ゴミ捨て当番を押しつけられ、仕方無く一人向かったゴミ捨て場で、突然「彼女」から声をかけられる。
>そこで手渡された紙には、地図と時間が記されていたのだった……。
>その時間に指定された場所へ行くと、そこには知らない洋館があった。
>呼び鈴を鳴らし、じい(使用人)に通された部屋の先にいたのは、黒髪をほどいた「彼女」だった。


 もちろん、ここからエロシーンに入るわけなのですが、個人的に面白いと思ったのは「ストーリー構成」。
 「地味な女の子に呼び出されて……」みたいなシチュエーションは、純愛ものとしても結構ありきたりなものです。
 ただ、本作は「作品のラストシーンがエロではない」という思い切った試みがなされておりまして、またそれが甘酸っぱくてたまらないんですよ!
 気取ったライトノベルのような、不思議な文体で描かれているノベルですが、読む人の嗜好にハマれば間違い無く心に残る一作となるはずです。

彼女がおさげをほどいたら


 もちろん、エロ方面でもかなりのクオリティを誇っています。
 横顔や斜めから見た顔等、画力はちょっと精進が必要かなと感じるレベルですが、「彼女」の透明感のある黒髪や白く清潔感のある肢体は、非常にエロい!
 白い服から透けて見える肌などの描写を見ても、「塗り」に関してはかなりレベルが高く思わず主人公を「うらやましい」と思ってしまうほどのエロシーンが見られます。
 正常位・後背位・騎乗位などの様々な体位はもちろんのこと、黒髪ロングヘアー好きならたまらない「髪コキ」も完備。
 ただヒロインが黒髪ロング、というだけでなく、黒髪ロング好きに求められているものを的確に表現しているあたり、世界ロングヘア機構と名乗るだけのことはあるな、と非常に感心いたしました。

彼女がおさげをほどいたら
 

 先ほどからレビュー内にちょびちょびと難点になりそうな部分を上げてきました。
 が、それ以上に人を選びそうな部分が、「ノベルのキザっぽさ」です。
 またもや急に音楽の話になるのですが、小沢○二さんの「ラブリー」の歌詞を見て「このキザ野郎め!ケッ!」と思ってしまう方には、間違い無くノベル部分が体質レベルで合いません。
 また、全体的に「上手い表現を書こうとして空回っている」という傾向があり、

・ゴミを捨てるシーンで「聖なる空へと還るがいい」
・射精したにも関わらずまた勃起したシーンで「我が分身国の勢力、再び盛り返したり。」


 と、若干迷言チックな表現が見られるところも、かなり人を選んでしまう部分だと思います。
 ただ、そこさえ乗り切ってしまえば、「幸せの絶頂」と言いますでしょうか、「青春の素晴らしい部分」を心の底から楽しめる作品ですので、アレな部分は無視して読み進めるのがオススメです。

 以上、「彼女がおさげをほどいたら」のレビューでございました。
 ノベル部分でちょっと気になる部分はあるものの、それを上回るほどのエロさ・多幸感はたまらないので、お気に入り度は★5。
 ただ、ノベル部分に関しては本当に人を選ぶ作風だと感じましたので、オススメ度は★4とさせていただきます。
 黒髪ロング好きにはたまらない一作ですし、本来表現出来るわけもない「声」について、ノベル内で言及されているのですが、「こういう声なんだろう」と頭が瞬時に想像し、それがスッと心に入ってくるほどに、「僕」から見た「彼女」の描写が秀逸です。
 前述した通り、ちょっと人を選ぶ作品ではありますが、乗り越えてしまえば「心の一作」にもなり得る作品だと思いますので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。


【彼女がおさげをほどいたらの購入はこちらから】


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



コメント
この記事へのコメント
レビューありがとうございます。
エローン大君様

初めまして、WLHOと申します。
現在ブログ改修中のため、こちらに直接コメントを投稿いたします。

この度はレビュー及びお知らせをいただきありがとうございました。
記事、拝読いたしました。
過分な評価を賜りまして恐縮しておりますが、それと同時に大変嬉しく存じました。

明言はしておりませんでしたが、この「僕」はこの時期特有のアレな部分を持つ、言葉遊びと読書が好きな男子をテーマに描きました。
ですのでご指摘の通り、「僕」目線で運ばれる文体もちょっとアレな部分がございます。
書いている人間が同じなので元を辿れば変わらないかもしれませんが、別作ではまた別の「僕」や「俺」が異なった雰囲気で物語を紡いでおりますので、機会がございましたらお手に取っていただけますと幸いです。

誰か一人でもいい。
その人の心の中でずっと息づく「心の一作」を作りたいというのが私共の願いです。
頂いたお言葉を胸に更に精進いたします。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2015/02/23(月) 20:05 | URL | WLHO #P8Kib52A[ 編集]
Re:レビューありがとうございます。
こちらこそ拙いレビューを見ていただき、ありがとうございます!

あのノベルにまさかそんな裏設定があったとは!
確かに言われてみれば、そういう気取ったところも「若気の至り」っぽくて、微笑ましいですね。

こちらこそ、本当に素晴らしい作品を作っていただき、ありがとうございました。
未レビュー作品が溜まっているため、レビューは先になりますが、最新作まで全部購入いたしましたので、後々レビューさせていただきたいと思います。
その時は、是非よろしくお願い致します。
2015/02/24(火) 00:03 | URL | エローン大君 #c294dxrU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://erontycoon.blog.fc2.com/tb.php/208-d1ba816f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。