FC2ブログ
ブログパーツ
エロ同人・エロ漫画のレビューブログ!辛口レビューもありありよ~ん!
管理者ページ 
今週のエローン大君
諸事情のため、更新頻度スローアンドスローでお送りします

【エローン大君のレビュー・採点基準はこちら】

エローン大君挑戦中オンラインゲーム
ロードオブワルキューレ(エロありなのに本格的なソシャゲー。スマホでも出来るらしいのでジワジワレベルあげしていきたい。)

Powered By 画RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
淫獄闘技場 -爆乳格闘女王・マリア編-

淫獄闘技場 -爆乳格闘女王・マリア編-

サークル:アスタローサン

お気に入り度:★★★★★
オススメ度 :★★★★★



 アスタローサンさんの「淫獄闘技場 -爆乳格闘女王・マリア編-」を紹介します。
 「敗北すれば陵辱される」、過酷なルールの地下闘技場に現れた一人の美女格闘家、「マリア」の戦いを描いたヒロイン敗北陵辱系同人誌です。
 実際のところ、地下闘技場×エロというのはよく見かける構図と言いますか、一言で言えば「よくクリムゾンさんがやってるやつ」というイメージが強いジャンルであります。
 そんな中に殴り込みながら、「アクションとエロスが融合する本格派漫画!」を標榜するのが本作。
 果たして、どのような内容になっているのでしょうか。


淫獄闘技場 -爆乳格闘女王・マリア編-


 ストーリーとしては、


>妹の臓器移植を条件に、闇の闘技場に出ることになったマリア。
>その闇の闘技場には、「敗北した者は陵辱される」というしきたりがあった。
>メジャー格闘団体の元女王である、強者のマリア。試合の行方は……?


 と言った感じの作品です。
 「強い女を汚す」というコンセプト自体は某有名同人サークルと変わらず、「謎の薬で相手がパワーアップして敗れる」という点も変わらなかったりします。
 ですが、本作にしかない持ち味があります。それは、格闘漫画としての面白さ。

>対戦相手の男は、ドーピングで圧倒的なパワーを手に入れた。
>しかし、元々打撃が上手いわけでも無く、逆に薬の副作用でスタミナが減っている状態。
>それを見極め利用して、相手の攻撃を距離を取って交わしつつ、地道にスタミナを削っていくマリア。
>相手の攻撃で服をはぎ取られながらも、相手のスタミナが尽きかけなのを察して攻勢に出る!


 そう、本作の最終目的は「強い女を犯す」ということなのに、恐ろしいほど本格的に格闘漫画をしているのです。
 シナリオ上だけで格闘漫画しているというわけでなく、漫画のアクションの描き方としても、かなりの工夫がされています。

淫獄闘技場 -爆乳格闘女王・マリア編-


 漫画は、よほどのことが無い限りは基本的に「ページ右上からページ左下へ」という順序で読まれます。
 言葉で説明するのが難しいですが、漫画が右から左に読まれるということは、1つのコマをとっても「コマの右側は過去が描かれ、コマの左側は未来を描く」という流れが存在するのです。
 それを踏まえた上で本作を見てみますと、対戦相手の男からの一発目の攻撃を避けるシーンでは、「マリアを右側・男を左側」(=避けたマリアを過去側のコマ位置に描く)描くことで、マリアの回避能力の高さを表現しています。
 そして、その次に描かれる「攻撃を振り回しながら突っ込んでくる男を、バックステップで交わしながらスタミナを削る」シーンでは、「マリアを左側・男を右側」に描くことで、男の猛攻とそれを食い止めるマリアの構図が、コマ内の流れで非常に分かりやすくなっています。
 そして、マリア・男ともに大技を出して相手に当てる時は、攻撃側を右側に配置することで、大技が当たる気持ち良さ・格好良さを演出しているのです。
 エロ漫画も独特な文法があり描くのは難しいのですが、エロ同人でありながらアクション漫画の文法に則り、真っ当なアクション漫画として面白いものを描く本作は本当にすごいと感じました。
 描き文字が荒々しいところや、絵柄自体にちょっとクセがあるところが、余計に「格闘漫画っぽさ」を出していて、読んでいて非常に面白かったです。

淫獄闘技場 -爆乳格闘女王・マリア編-


 エロ面としては、ソフトリョナ+陵辱と言った感じ。
 サンプルCGを見ていただくと分かる通り、腹筋や腕の筋肉の発達具合以上に、爆乳やむっちりした太ももが目に付くのが、本作のヒロインであるマリアさん。
 格闘家には不相応なほど大きいおっぱい、そしてお尻が好き勝手に弄ばれる、まさに「強い女を屈服させる」という陵辱で非常にエロいです。
 格闘漫画部分をしっかりやっているからこそ、余計にエロパートの落差が素晴らしいものとなっています。
 ちなみに、リョナ要素はランニングパワーボム・首締め・顔を掴んでの叩きつけなど、比較的ソフトなものばかりです。
 KOの際に失禁したりもしていますが、エグいシーンではないので、そもそも「女性の格闘ものが嫌い」という人以外は大丈夫なのではないか、と思います。

 というわけで、「淫獄闘技場 -爆乳格闘女王・マリア編-」のレビューでございました。
 正直、絵柄がちょっとクセがあり万人受けはしませんが、「格闘漫画とエロの融合」としては超高レベルな作品でございますので、お気に入り度・オススメ度共に★5とさせていただきます。
 本作の何がすごいって、本編30ページほどのうち、格闘パートが20ページなんです。それでも、私は「エロが少ない」という印象を持たず、性欲を発散させた上で読み切ったんですよ。
 正直、買う前は「絵柄が合いそうにないなぁ」と考え、数ヶ月間スルーしていた私ですが、何であの時買わなかったんだと後悔しております。(ちなみにエ○マスターの時も同じ感じになりました)
 格闘漫画×エロ漫画を両立させた本作、ダマされたと思って買って読んでください。間違い無く何かしらの驚きを見つけることができると思いますよ。


【淫獄闘技場 -爆乳格闘女王・マリア編-の購入はこちらから】

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://erontycoon.blog.fc2.com/tb.php/217-470b8d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。