FC2ブログ
ブログパーツ
エロ同人・エロ漫画のレビューブログ!辛口レビューもありありよ~ん!
管理者ページ 
今週のエローン大君
諸事情のため、更新頻度スローアンドスローでお送りします

【エローン大君のレビュー・採点基準はこちら】

エローン大君挑戦中オンラインゲーム
ロードオブワルキューレ(エロありなのに本格的なソシャゲー。スマホでも出来るらしいのでジワジワレベルあげしていきたい。)

Powered By 画RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
裏・DOA ~霞、くノ一悶獄絵巻&DOAサバイバル~

裏・DOA ~霞、くノ一悶獄絵巻&DOAサバイバル~

サークル:凶暴情緒帯


お気に入り度:★★☆☆☆
オススメ度 :★★★☆☆



 凶暴情緒帯さんの「裏・DOA ~霞、くノ一悶獄絵巻&DOAサバイバル~」を紹介します。
 こちらは、「おっぱいで有名だけど本格格ゲー」でおなじみ、Dead ○r Aliveシリーズをモチーフにした二次創作系CG集。
 以前、「格闘娘狩り」のレビューで凶暴情緒帯さんの作品には触れておりまして、「CG集のオマケにノベルゲームが付属」というのも、「格闘娘狩り」シリーズなどから変わっておりません。
 本作は、1本で「霞、くノ一悶獄絵巻」「DOAサバイバル」の2本のシナリオが楽しめるところが、特徴であり売りな部分です。
 か○みが追っ手に捕らえられ陵辱される様、敗北した美女達が様々な趣向で犯される様、どれもエロエロでございます。
 それにしては、エローン大君として低評価を下さなければならなかった本作、果たしてどのような内容だったのでしょうか。


裏・DOA ~霞、くノ一悶獄絵巻&DOAサバイバル~


 まずは、裏・DOA作品全体の概要から、簡単に説明していきます。
 前述したとおり、「霞、くノ一悶獄絵巻」「DOAサバイバル」とシナリオが2つが用意されております。
 価格帯は900円台ながら、基本CG19枚・差分139枚と大ボリュームで、さらにノベルゲームも付いてくるのでお得感はあります。
 登場する女性キャラについては、「霞、くノ一悶獄絵巻」はか○み・あ○ねのみ、「DOAサバイバル」ではD○A4に出てきた女性キャラ全9人が登場いたします。
 こうして見ると、ファンサービスも十分に備えた作品に思えるのですが、シナリオが2つに分かれているのにキャラが9人出る、という段階で色々と無理っぽい雰囲気が漂います。

裏・DOA ~霞、くノ一悶獄絵巻&DOAサバイバル~


 凶暴情緒帯さんはゲームキャラの陵辱ものを得意とされておりまして、その作風がピタリとハマる「霞、くノ一悶獄絵巻」の出来は秀逸です。
 抜け忍であるか○みが追っ手に捕まり、激しい輪姦陵辱を受けるという分かりやすいストーリー。
 それながら、あ○ねの手によって、か○みが抜け忍となる理由になった兄のハ○テが登場し、ハ○テに陵辱される姿を見られるという恥辱まで加えられる、そしてあ○ねがハ○テを落としにかかるなど、シナリオ的にも工夫がされております。
 あと、1シーンながら「か○みのハイレグパンツを指でひっぱる」というシーンがあり、個人的に非常にエロく感じました。
 本作ではなぜかピンク色ですが、あのふんどしなのかよく分からないパンツは非常にエロい。
 D○Aキャラの魅力である「豊満なおっぱい」も、非常に柔らかそうに描かれている上、パイズリシーンなどもありますので、興奮できることは間違い無しでしょう。
 あと、精液ぶっかけの描写も、きちんと精液に粘着性があるように描かれていて、「美少女を白濁液で汚している」という背徳感も存分に味わえます。


裏・DOA ~霞、くノ一悶獄絵巻&DOAサバイバル~


 問題は、9名ものヒロインが登場する「DOAサバイバル」
 ストーリーとしては、「ヒロイン同士で対決し、負けた方は犯される」という分かりやすいもの。
 格闘シーンに関しての描写はほぼ無い、コメディータッチで描かれているシナリオです。
 さて、本作の基本CG数は全部併せて19枚なのですが、実は「霞、くノ一悶獄絵巻」だけで10枚近く使ってしまっているのです。
 それ故に「霞、くノ一悶獄絵巻」の質は高いのですが、「DOAサバイバル」で大問題が発生してしまいました。
 全てのヒロインを出す以上、全員にエロシーンを用意しなければならない。基本CG10枚で。
 これまでの凶暴情緒帯さんの作品を見ると、「2名ほどを陵辱」か「ハーレムもの」であり、「9名の陵辱シーンを1人ずつ描く」のは慣れていないどころか、初めてかもしれません。
 結果としては、

・バックからのスタンダードな陵辱
・ペニバンを付けたク○スティが敗北したヒロインを犯す
・目隠しをした状態で近親相姦プレイ


 とシチュエーション自体は豊富になりましたが、全く同じ体勢で陵辱を受ける「差分でHシーンを済まされてしまったキャラ」が出てきてしまいました(こ○ろとレイ○ァン)。あと、またあ○ねがハ○テとSEXしてた。
 あまりにも露骨に差分絵だけで済ませているため、見た瞬間「うわぁ……」と思いました。作り手側の苦労が悪い形で見えてしまった感じです。
 また、エロ同人に多少のキャラ崩壊はつきものですが、こ○ろの一人称が何故か「僕」なのが非常に気になって仕方がありませんでした。
 こ○ろの一人称は「うち」だったり「わたし」だったり、作品によって変わったりはしますが、それでも僕っ娘化したことはありません。というか、何故無難な「わたし」を捨てて「僕」に走った。
 DOA4自体、凶暴情緒帯さんが活動を始める以前から販売されていたタイトルであることから、あまりDOA4以降についてはやられてないのかな、という印象を受けました。せっかく作るなら原作へのリスペクトを……。
 ちなみに、ネタバレになるので避けますが、優勝したキャラにはHシーンが用意されておりませんが、ここについては問題無しです。

 というわけで、「裏・DOA ~霞、くノ一悶獄絵巻&DOAサバイバル~」のレビューでございました。
 、露骨な手抜き・原作へのリスペクト不足を感じてしまったため、お気に入り度は★2
 しかし、「霞、くノ一悶獄絵巻」の質は高く、「DOAサバイバル」に関しても未プレイ者なら多少の問題で済むということを考えオススメ度は★3とさせていただきます。
 凶暴情緒帯さんの作風自体、「既存の元ネタにオリジナル要素を組み合わせる」というものが多く、「格闘娘狩り」のように上手くハマることもあるのです。
 ただ、今回の場合は「2つのシナリオをやろうとしてしまった」ということ自体が、そもそもの出来の原因になってしまったのではないか、と考えております。
 CGのエロさは折り紙付き。か○みが好きという方にはオススメいたしますが、D○Aが好きな方にはオススメいたしません。
 原作未プレイの方であれば、まだニュートラルな視点でエロエロなCG達を楽しむことが出来ましょう。
 興味のある方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。


【裏・DOA ~霞、くノ一悶獄絵巻&DOAサバイバル~の購入はこちらから】


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://erontycoon.blog.fc2.com/tb.php/221-938ce141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。