FC2ブログ
ブログパーツ
エロ同人・エロ漫画のレビューブログ!辛口レビューもありありよ~ん!
管理者ページ 
今週のエローン大君
諸事情のため、更新頻度スローアンドスローでお送りします

【エローン大君のレビュー・採点基準はこちら】

エローン大君挑戦中オンラインゲーム
ロードオブワルキューレ(エロありなのに本格的なソシャゲー。スマホでも出来るらしいのでジワジワレベルあげしていきたい。)

Powered By 画RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みりっ! ミチミチィ

みりっ! ミチミチィ

作者:さいだ一明


お気に入り度:★★★★★
オススメ度 :★★★★★



 さいだ一明先生の「みりっ! ミチミチィ」を紹介します。
 表紙のふんどし娘が非常に目をひきます通り、あまり見ないシチュエーションを多分に含んだバラエティ系エロ漫画短編集。
 さいだ一明先生の作品は、以前「乙女、濡れのち恋」を取り上げておりましたが、本作「みりっ! ミチミチィ」は現状での最新作となっております。
 肉棒が秘部に貫通する時の擬音がタイトルなところに目が行きがちですが、純愛もの・レイプもの・逆レイプものとシチュエーションも様々。
 設定やストーリーもひねった作品が多く、読んでいて飽きないのが特徴です。
 前作から引き続いて素晴らしい「おっぱいの重量感」はそのままに、肉感たっぷりに描かれる体と、女の子の表情の可愛らしさがアンバランスでエロい作品となっておりますよ!



 収録作品と作品属性

「きつきつオマタ」(ホットパンツ・口リ・レイプ)
「ふんどしの里」(ふんどし・素直になれない女の子・幼馴染み)
「栄大きゅんにおまかせ!」(姉ショタ……に見せかけて)
「ふたりのシネパラ」(ハメ撮り・純愛)
「だれにも言わないでくれたら…」(小便強制・レイプ調教)
「ねこじた」(幼馴染み・純愛・青姦)
「AKBドリーム」(声優・ツインテール・逆レイプ)
「ダビデ様が見てる」(水着・レイプ(?))
「恋の鍵盤」(口リ・レイプ(?))
「うちあげはなび」(幼馴染み・再開・浴衣・純愛)


 の全10作品。
 ストーリー中で明言はされませんが、ヒロインのキャラや挿入シーンで「ブチブチッ」と擬音が書かれることから、下手すると全ヒロインおそらく処女で、「みりっ! ミチミチィ」という何かを突き破るような擬音がピッタリな作品集となっております。

 作品属性を見ると普通っぽく見えるかも知れませんが、一作目「きつきつオマタ」の段階で「ブルマ廃止の代わりにホットパンツが体育着に!」とぶっ飛んだ設定があったりします。
 他にも、ダビデ像の股間を舐めるヒロイン、男子から奪ったエロ本を使いトイレで全裸オナナニーするヒロインなど、トガったキャラクターがいっぱい。
 ダビデ像の股間に興奮していたヒロインには本物をプレゼント。
 オナニーをごまかすため「全裸で無いとおしっこが出来ない」と言うヒロインに、放尿プレイを強いる。
 ただ、妙な設定を作るだけで無く、きちんとエロシーンやストーリーのオチに上手く利用しているのが、本作の上手いところだと思います。
 逆に、ストーリーに捻りが無い作品(ふたりのシネパラ・ねこじた・うちあげはなび)に物足りなさを感じるところではありますが、それぞれ印象に残るシーンはあるので凄いなぁと思います。
 うちあげはなびのラストの、おまんこの前での線香花火は、主人公とヒロインがほんわかしている中、おまんこが火傷しないか心配でドキドキしました。

 エロ面については、処女食いものというだけでなく、バリエーションも非常に豊か。
 少女のホットパンツを破って肉棒で突きまくったり、ふんどし姿の幼馴染みからSEXをねだられたり、兄弟でヒロインを二穴挿ししたり、他にもストーリーも含めて面白いシチュエーションが多々あります。
 ヒロインが精液を溢れさせながら体を横たえるシーンも、個人的に非常に良かったです。
 ぴちと閉じたおまんこを、肉棒で徐々に開いていく様など、絵としてのエロさも十分すぎるほど兼ね備えています。
 何より前作「乙女、濡れのち恋」のレビューでも軽く書きましたが、揉まれて形が歪むだけでなく体位に応じても形を変えるという風に、おっぱいの描き方が非常に上手い。
 一つの作品でもたくさんの体位が見られる他、カメラアングルやコマの演出を使ってエロさを増幅させるなど、細かい技術が非常に卓越していると思います。

 大君的に一番抜けた作品は「ふんどしの里」なのですが、心に残った作品は「AKBドリーム」です。
 声優自体のファンの主人公が、偶然その声優(コスプレ好き)に出会うのですが、主人公が持っていたエロ同人を見て「自分では無くアニメのキャラが好きなのでは」と疑われたことから始まる作品。
 同人誌を参考に実際にSEXをしながら演技をする声優と、それでも声優自身が好きだと言い切る主人公。
 声優としてのプライドも絡めたストーリーが、妙に心に残りました。
 ちなみにエロとしては、ストーリーがちょっと濃いめな上、ヒロインが痴女じみたコスプレ姿なので、読み手としてはエロに集中できなかった作品であります。

 というわけで、「みりっ! ミチミチィ」のレビューでございました。
 斬新な設定などに目が奪われがちではありますが、設定・シナリオ・画力をフルに活かした作品ばかりですので、お気に入り度・オススメ度共に★5とさせていただきます。
 画力に偏重するだけでなく、思わず笑ってしまうような設定を盛り込みながら、筋が通ったストーリーを作るところはさすがと言えましょう。あと、何度でも言うけどおっぱいの描写が良い。
 突飛な設定こそあれ、エロ自体はきちんと王道を走っておりますので、どなたにもオススメできる作品です。
 「きつきつオマタ」の本当の冒頭だけ、気軽に商品ページで立ち読み出来るようになっておりますので、興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。


【みりっ! ミチミチィの立ち読み・購入はこちらから】

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://erontycoon.blog.fc2.com/tb.php/239-fdbba78f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。