FC2ブログ
ブログパーツ
エロ同人・エロ漫画のレビューブログ!辛口レビューもありありよ~ん!
管理者ページ 
今週のエローン大君
諸事情のため、更新頻度スローアンドスローでお送りします

【エローン大君のレビュー・採点基準はこちら】

エローン大君挑戦中オンラインゲーム
ロードオブワルキューレ(エロありなのに本格的なソシャゲー。スマホでも出来るらしいのでジワジワレベルあげしていきたい。)

Powered By 画RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛べない鳥 (WEBブロードバンド向け版)

飛べない鳥

サークル:妖怪あんかけ

お気に入り度:★★★★★
オススメ度 :★★★★★



 妖怪あんかけさんの「飛べない鳥」を紹介します。
 本作は2003年に放送されたアニメ、「G○D GUARD」のキャラ・篠塚ア○シをモチーフにした陵辱系二次創作小説。
 以前レビューした「生存競争 第一部」と同じく、CGも用意されていますがエロ・ストーリーの中心は小説、というエロ同人です。
 夜中には電力の供給が止まる街「ナイトタウン」を舞台に、黒髪ロングに短いプリーツスカートをはいたヒロイン・ア○シが、ある一つの出来事からズルズルと闇に飲み込まれていく……。
 そして、ギャングに捕まり未成熟な性感帯を無理矢理開花させられていく様がたまらず、また舞台・心情・地の文などの描写が非常に卓越した作品となっております。


 まず、元ネタとなる「G○D GUARD」、ロボットアニメながら、登場人物の心の成長を主とした群像劇、という珍しい作品。
 全26話のところを、地上波放送を20話で打ち切られたというセンセーショナルさもありますが、下流階級の人などが住まう「ナイトタウン」を舞台としながらも、中流階級の住む街「デイタウン」から様々な思いを抱えて家出するキャラがいる(本作のヒロイン・ア○シもその一人)など、青春ならではの要素もとりそろた作品となっております。
 元ネタでの設定に関しては、「飛べない鳥」作中でも、ア○シ視点で丁寧に描写されているため、元ネタを知らずとも楽しめる作品となっております。

 さて、肝心の「飛べない鳥」の概要。
 本作は1300円(税別)の作品でありますが、小説としては短編・CG数は16枚(うち非エロ3枚)と少々寂しいボリュームとなっております。
 差分絵も全く無いため、「あくまでCGは小説の挿絵」程度に考えておくのがベストです。
 と、言いますのも、本作は10年以上前の2004年に発表された作品であり、当時としては十分すぎるボリュームだったりするのです。(この作品に通じますね)
 ただし、ボリュームだけが作品の評価を決めるわけではありません。
 本作の一番の見どころは「小説」部分の恐ろしいほどの完成度なのですから。
 本作の作品形式はHTML形式。小説内で使われていないCGも数枚収録されておりますので、CG欄は要チェックです。
 ちなみに、理由は後述しますが、いきなりCGビューワーなどでCGの入ったフォルダを見るのは、オススメいたしません。
 

 それでは、本作の一番の強みである「小説」部分のレビューです。
 小切除版では、ヒロイン・ア○シ視点で、ナイトタウンでの暮らす人々や、「自由になりたい」「飛びたい」というア○シの願望が描かれています。
 このア○シの願望自体は元ネタにあったものですが、本作ではそれを更に昇華し「まだ飛べない鳥」「雛鳥」として、様々な暗喩で用いられているのが特徴です。
 全体的に原作愛を感じる小説である上に、丁寧な舞台説明やア○シの心情の動き方、そして地の文。どれをとっても非常に秀逸です。
 作品としてはハードな陵辱ものであり、このジャンルのものは読後感が非常に悪くなりがちですが、本作は「一つの出来事から日常が崩壊していく様」が丁寧に描かれているため、「滅びの美」を感じさせる仕上がりとなっております。
 実は本作は「前編」で、続編が2作(うち1作コミック作品)が出ているのですが、前編だと思わせないほどのストーリーのまとまりの良さにも要注目です。

 エロ面としましては、ヒロイン・ア○シに対する非常にハードな快楽調教の様子が、事細かに記されています。
 ナイフの腹を使って未発達な性感を高ぶらせることから始まり、真珠を埋め込んだペニスでの処女膜貫通、快楽を与える毒入りニードルを何本も挿すなど、やりたい放題。
 CGだけでなく小説で、毒が回り初めての性の感覚に戸惑う様や、気持ちいい余りに体をのけぞらせたり、失禁してしまったりする様で、高い文章力で描くのですから、興奮しないわけがありません。
 あと、CGは全体的に影が強く描かれているのですが、それがア○シの色白な肢体と相まって、背徳感を増幅させています。
 個人的に面白いと思ったシーンは、ナイフの腹を使った前戯のシーンです。 
 ちょっとでも動けば斬られてしまうかもしれない。そんな恐怖でア○シを抑えつつも、乳房の感覚に集中させて未発達の性感帯を開発していく、というのはストーリー的にもエロ的にも素晴らしいシーンでした。

 元々ハードな調教ものなので人を選びがちでありますが、ある意味本作のキーアイテム「毒入りニードル」に関しては凄まじい描写が存在します。
 それは、「おまんこ周辺に数十本のニードルを刺す」というシーンで、文章だけで無くCGも存在します。
 よほどハードな調教ものに耐性が無ければ、間違い無く初見は「ウギャアアアアア」と衝撃を受けるので、色々と注意が必要です。
 文章を読めば快楽を与えるものだと分かる(それでも痛覚で脅したりしている)のですが、いきなりCGビューワーで見ようものなら、トラウマにもなりかねません。
 「見なかったことにする」「文章も流し読みをする」「慣れる」など、各々対処法を見つけ出してください。

 以上、「飛べない鳥」のレビューでございました。
 ハードな快楽調教もの・トラウマになるようなCG有り・価格高めとマイナス要因はありますが、原作愛・丁寧な描写、そして暗喩などを活用した「滅びの美」の表現は見事の一言ですので、大君推し作品としてお気に入り度・オススメ度共に★5とさせていただきます。
 ちなみに、本作は2004年頒布作品という時代もあってか、「ブロードバンド版」と「ナローバンド版」(ファイルサイズが小さい)が用意されています。
 現在でこそ光回線・ADSLなどのブロードバンドが主流ですが、当時の特に田舎はISDNやダイヤルアップ回線が主流でしたので、ナローバンド版も需要がありました。
 ただ、「ナローバンド版を買ったけどブロードバンド版で楽しみたい」と言うことは出来ませんし、現在ならば「ブロードバンド版」を購入することをオススメいたします。
 夜の街を歩くには不用心な美少女が、快楽を教え付けられる様。そして、それを演出するストーリー、全てが秀逸です。
 20%ポイントバックキャンペーンなどを利用して、良質のCG付き短編小説を堪能してみてはいかがでしょうか。


【飛べない鳥の購入はこちらから】

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://erontycoon.blog.fc2.com/tb.php/242-cb6ce3f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。