FC2ブログ
ブログパーツ
エロ同人・エロ漫画のレビューブログ!辛口レビューもありありよ~ん!
管理者ページ 
今週のエローン大君
諸事情のため、更新頻度スローアンドスローでお送りします

【エローン大君のレビュー・採点基準はこちら】

エローン大君挑戦中オンラインゲーム
ロードオブワルキューレ(エロありなのに本格的なソシャゲー。スマホでも出来るらしいのでジワジワレベルあげしていきたい。)

Powered By 画RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年を振り返る

2014年を振り返る

サークル:おいしいうどん

お気に入り度:★★★★☆
オススメ度 :★★★★☆



 おいしいうどんさんの「2014年を振り返る」を紹介します。
 こちらは物珍しいタイトルの通り、「2014年のアニメ作品を振り返る」ことをテーマとした陵辱系SS付き同人CG集。
 500円(税別)と格安ながら、基本CG数16枚という高ボリュームが魅力的ですが、一方登場ヒロインも16名なので「回転寿司」気分でヒロインが切り替わっていく、まさに「振り返る」に適した内容となっております。
 作者は以前当ブログで取り上げた「敗北エスケイプ!」(同人RPG)様々な異種姦・陵辱を描き上げたおいしいうどんさん。
 そのヒロインが悲惨なことになる作風はほぼそのままに、不倫足コキ・NTR・機械姦など様々なシチュエーションで魅せてくれる作品となっております。


2014年を振り返る


 本作の基本概要を説明しますと、前述した通り500円(税別)で基本CG16枚の大ボリューム。
 SS・効果音の有無でそれぞれ差分が用意され、総CG枚数は170枚と言う風になっております。
 登場するヒロインは、公式説明文を引用・追記いたしますと、

・ヴ○ニエ○ラ様 / 世界○服〜謀略のズ○ィズ○ー〜
・高○部長 / ディー○らぐ!
・ア○ラ・ユル○アイネン / ガ○ダムビル○ファイ○ーズ
・天草○ノ / 生徒○役員共*
・ス○ーレット / スペー○☆ダン○ィ
・火○里綾○ / ウ○ッチクラフト○ークス
・桐崎○棘 / ニ○コイ
・1○号 / ドラゴ○ボール改
・里中○枝 / ペル○ナ4 ザ・ゴ○ルデン
・比○平ち○き / 凪の○すから
・鬼龍○皐月 / キルラ○ル
・丹○谷森夏 / 中二○でも恋が○たい 戀
・姫神コ○マ / マケ○姫っ! 通
・ホ○ノ・フミナ / ガ○ダムビル○ファイ○ーズトライ
・常守朱 / PSYCH○-PASS(2期)
・宮森 あ○い / SHIR○BAKO


  の全16名(各キャラ基本CG1枚ずつ)です。
 先ほど総CG枚数は170枚と書きましたが、実際のところ各キャラごとの差分CGは基本的に3枚(たまに6枚)ですので、「好きなキャラ目当てで買う」にはオススメ出来ない作品ではあります。
 しかし、それでいいのです。この作品は2014年アニメ作品の振り返りこそが一番の目的なのですから。
 

2014年を振り返る


 エロ面としては、脅迫されてのレイプや寝取られ、イマラチオなどの「無理矢理系」のシチュエーションがメイン。
 ヒロイン達の絶望と、快楽にただただ翻弄され堕ちていく様子が、SS・CGともに綿密に描かれています。
 全身精液でべとべとにされたり、アヘ顔を晒したりはもちろんのこと、後背位・駅弁ファック・騎乗位・手コキや足コキなどを様々なアングルで表現しているため、見ていて飽きるということはないでしょう。
 SSは非常にダークな雰囲気で、特にNTRシチュエーションでは男から見た絶望感が丁寧に描かれておりますので、こちらも必見。
 ただ、基本CGがヒロイン各1枚で関係上、「秘部がまともに描写されないキャラ」もいますので、その辺は脳内補完で頑張りましょう。


2014年を振り返る


 本作の欠点としては、基本CGが少ないため仕方が無いとは言え、「SSでの状況説明文の多さ」は気になるところであります。
 というのも、各キャラごとに1つの物語を描いておりまして、その関係でSSの文量が一々多くなってしまっているのです。
 特にNTRシチュエーションの場合は、「ヒロインの痴態を見る男性の心情」を丁寧に描かなければならないため、それが顕著になっております。
 解決方法としては「各キャラごとに1つの物語」の縛りを無くすしか無いのですが、それをすると「振り返る」という本作のテーマが成り立たなくなってしまうので、難しいところですね。
 個人的に面白く、是非とも見て頂きたいと感じたのは「1○号の足コキ」のシーン。
 足コキをしているキャラの名前こそモロに出てこないものの、誰だか言動で分かる上に、シーン最後の奇声というか奇行を見て爆笑しました。本当に何やってるんだお前。
 実際の設定を考えると、陵辱シーンに入る前に男達が死にそうな作品があったり、生徒○役員共*は元がアレなので平常運転な感じがしたり、色々とツッコミどころはあります。
 しかし、各作品のツボをおさえつつも、様々なエロシチュエーションを描いた良作と言える作品集だと思います。
 
 というわけで、「2014年を振り返る」のレビューでございました。
 「アニメ作品を振り返る」という試みと、それを質高く描いたCG・SS(労力も間違い無く大変)は非常に好印象ではありますが、テーマが故の「ヒロインごとによるエロ描写の差」「SSの文量の多さ」は人を選ぶと感じましたので、お気に入り度・オススメ度共に★4とさせていただきます。
 前述した通り、1○号の足コキシーンが非常に秀逸で、全体的に鬱々しい雰囲気の作品集の中での清涼剤となっておりますので、興味ある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。



【2014年を振り返るの購入はこちらから】(DMM)
【2014年を振り返るの購入はこちらから】(DLsite.com)


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://erontycoon.blog.fc2.com/tb.php/260-0f955555
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。